pagetop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売形態:ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから案内PDFをダウンロードしてください。

 

はじめまして。Cyfons開発チームの山内と申します。

私はこれまで、インターネットビジネスを10年以上続けてきました。

まだインターネットが登場し、電話回線で接続していた頃から、
既にインターネットビジネスを実践したのです。

そして、デザイン技術、プログラミング技術、SEO、コピーライティング、
あらゆるスキルを一通り学び、10年以上安定して利益を出し続けています。

しかし、私は、
何か卓越したものを持っているわけでも、
特別な才能があるわけでもありません。

そんな私が、インターネットビジネスで安定して結果を出し続けてきた理由、
そして、今回このシステム「Cyfons」を発売する事になった経緯を
これからお話します。

私はこの10年に渡って、様々な商品を売ってきました。
物販を行った事もあれば、情報コンテンツも沢山販売してきました。

数万円の商品を月に数百本という数を売った事もありますし、
高額な商品を売った事もあります。

「どうして、これほど多くの数を売る事ができるのですか?」

と聞かれる事がよくあるのですが、
その理由は簡単です。

私は、商品を売ってお金を頂いているのではなく、
自分のコミュニティの参加料としてお金を頂いているからなのです。

私はよく、自分から商品を購入してくれたお客さんに、
「この商品を買った理由は何ですか?」
と聞くと、たいていこんな答えが返ってきます。

「山内さんの企画(コミュニティ)が魅力的なので、参加してみたいと思ったからです。」

「購入する」と「参加する」。
この両者の違いは非常に大きいのです。

私は何か商品を売る時に必ず、

「購入したら自分の作った企画(コミュニティ)に参加する事ができる権利」

を特典に付けています。

例えば、ある商品をAさんとBさんの2人が売っているとしましょう。

自分から購入してくださった特典として、
1000ページもの立派なPDFマニュアルと200時間もの音声コンテンツを
あらかじめ用意してもれなく差し上げているAさんと、

同じように、自分から購入してくださったお客さんには、特典の代わりに、
寄せられた疑問やお悩みに応え、どんどん反映させながら、
参加者と一緒にコンテンツを作り上げるような
ライブ感たっぷりのコミュニティ企画にご招待しているBさん、

さて、果たしてこの2人のうちどちらが商品を沢山売る事ができるでしょう?

 

これは私が10年以上インターネットビジネスをやってきた経験から言える事ですが、
BさんはAさんのおよそ数倍~10倍以上の売り上げを出せます。

それほど、「コミュニティ」の威力は大きいのです。

これは、特に最近は重要な考えの1つです。
インターネットビジネスの場合、コンテンツだけで勝負している人は、
これからどんどん苦しくなっていくでしょう。

なぜなら、そういう人たちは、
すぐに真似されてオリジナリティを保てなくなるからです。

情報コンテンツだけではありません。
物販の場合も、魅力的な商品が出れば、
必ずその真似をした商品が出てきます。

有名ブランドだったり、特許を取ったりしない限り、
これは仕方の無い事です。

あなたがどんなに素晴らしい商品を出したとしても、
いえ、その商品が素晴らしければ素晴らしいほど、
いとも簡単に他の人に真似されてしまうのです。

以前、私も、自分の商品を、
他の方に無料レポート化された事がありました。

私が長い間研究して培った知識をもとに、
半年以上かけて制作した、有料商品を、です。

その商品に書いてある内容がそのまま、
ある日、ある方の無料レポートで、
ソックリそのまま公開されていたのです。

私が一生懸命作ったものを、ほとんどそのままコピーして、
まるで自分が作ったかのように、堂々と無料で公開されていたのです。

私の場合、ツールや情報コンテンツをメインに売っているので、
自分の知らないところで勝手に配られたり、
あるいは勝手に売られてしまっていたら、
それはもうどうする事もできません。

最初にそれを知った時、とても悔しい思いをしまいた。
自分が一生懸命作っても、簡単にコピーされてしまうのなら、
何ヶ月もかけて商品を作る事って何の意味があるのだろうか?とさえ思いました。

しかし、そんな悔しい経験をした事があったお陰で、
私はある1つの気付きを得ました。

それは、コンテンツだけで勝負していてはいけないんだという事です。

今や、SNSやスマホの普及により、
情報は簡単にシェア、拡散される時代です。

秘匿性の高い情報は存在しないし、
あったとしても、ごく一部の人間しか知る事ができず、
数万円で販売されるような事はありません。

「自分だけが知っている」事でお金を稼ぐ事ができる時代は、
とっくの昔に終わっているのです。

だから私たちは、

「情報はシェア、拡散されるもの」

という事を受け入れて、その前提でビジネスを組み立てていく必要があります。

むしろ、シェアされる事を逆に利用した方が良いのです。

さて、ではシェアされる事を前提として、
私たちはどうやったらネットで物が売れるようになるのでしょうか?
その答えは簡単です。

「参加する事」に価値を持たせたら良いのです。

コンテンツの質を上げる事は勿論重要ですが、
それだけでは購入に至らせる事は難しいのです。

何故なら、インターネットビジネスの場合、
もし自分が買わなくとも、誰か他に買った人を見つけて、その人に教えてもらえばいい
と考えてしまうからです。

もちろん、すぐにお金を払ってでも欲しい商品であれば別ですが、
大抵の場合、そうではありません。

多くの商品は、半年もすれば、
ほとんど同じ内容のものが無料で出回ってしまいます。

つまり、コンテンツだけで勝負をしていると、
見込み客がすぐにでも申し込む動機にならないのです。

だからこそ、先ほど書いたように、
「参加する事」に価値を持たせる事が重要になってくるです。

すべき事は、とてもシンプルです。

お金を払った人:コミュニティに参加して、一緒に理想の世界を目指す事ができる
お金を払わない人:コミュニティに参加できない

この構図を作るだけです。

そして、最初に書いた通り、
ここで「お金」は商品に対して払われるのではなく、
コミュニティの参加料として払われるのです。

更に、商品が圧倒的に売れる秘訣は、体験です。

これは、例えばもしあなたが有名ブランド店に入った事があるなら、
実感した事がある筈です。

ブランド店で商品を買うのと、
他の店で見た目が全く同じ商品を買うのとでは、
商品自体は同じだとしても、体験価値が全く異なってきます。

ブランド店で商品を買う場合、
あなたはそのブランド店独特の世界観を体験し、
あなたが買った商品には、その世界観が詰まっているのです。

つまりあなたは、その世界(コミュニティ)に参加したという事になります。

だから、気に入ったブランド店には、
何度でも足を運びたくなり、
店にいるだけで楽しい気分になるのです。

これはインターネットビジネスでも同じ事です。
コンテンツ(商品)をただ大量に渡すだけでは、
お客さんは、それほど大きな価値は感じてもらえません。

そうではなく、本当に価値を感じてもらう為には、

「お金を払った人だけの特別な体験」

をしてもらう必要があるのです。

・・・さて、ここまで書いてきた「参加させる」という仕組みは、
実は、ある人から学んだ事なのです。

私が「参加させる」仕組みを知ったのは、
新田さんという方と出会った事がきっかけでした。

新田さんは、私よりもはるかにビジネス歴は短いのに、
圧倒的なスピードで仕組みを構築して、
わずか1年で何億という収益をネットからだけで生み出してしまったのです。

例えば、流す商品は、数万円のものであれば1ヶ月で数千本は当たり前、
他人のセミナーのプロモーションを行って1人で1000人近くを動員したり、
2万円の商品を、メールを流した1時間後に500本以上売ったり・・・

何故、出す企画を次々とヒットさせる事ができるのか、
私は不思議で不思議で、気になって仕方がありませんでした。

そこで、私は、どうしてもその秘密を知るために、
私は新田さんに、あるお願いをしました。

それは、
「一切お金は要らないので、私をスタッフとして使って欲しい」
という事です。

私は、新田さんのサイトの作成を手伝ったり、
顧客サポート等を手伝ったりしながら、
新田さんがどうやってコミュニティを作っているのかを徹底的に研究しました。

その結果、ついに、新田さんのビジネスモデルの秘密を暴くができたのです。

今から、その全貌を暴露してしまおうと思います。

新田さんがコミュニティを運営するのにやっていた事はたったの2つです。

それは、

1.世界観が共有できる様な会員制サイトを作り
2.会員限定のメールマガジンを発行する

という事です。

そして、コンテンツ(音声や動画など)は、
その会員制サイトで送られるようになっていました。

しかし、ここが重要なのですが、
新田さんは、最初からコンテンツを全て公開しているわけではなかったのです。

なぜなら、いきなり何十時間もの音声や動画、膨大な量のPDFなどを配れば、
参加者の人たちはすぐに消化不良を起こしてしまいます。

しかし、参加者が登録してから、
1日目に貰えるコンテンツ、2日目に貰えるコンテンツ、と全て決まっていて、
毎日コンテンツが新しく表示される仕組みだったらどうでしょう?

参加者は、毎日適切な量のコンテンツを貰えるので、
無理なく消化する事ができます。

そして、毎日新しいコンテンツが貰える事が、次第に楽しみになるのです。

すると、更に面白い事が起こります。

参加者は定期的に会員サイトをチェックする癖が付くようになり、
また、過去のコンテンツをもう一度見直したり、
メルマガの過去ログを読み返したりするようになります。

(因みに、新田さんは、メールマガジンの過去ログも
メンバーサイトに表示されるような仕組みを作っていました。)

また、時には期間限定でしか表示されないコンテンツを作る事もありました。

 

これは、無期限でいつでもコンテンツが表示されるようにしておくと、
「また今度見ればいいや」
と放置して、そのまま見るのを忘れる・・・なんて人が出てくるから
です。

逆に、期限があれば、
「早く見ないと消えてしまう」
という心理状態になり、きちんとコンテンツを見てくれるのです。

また、会員制サイトのコンテンツと、メールマガジンは連動しているのです。

なので、
「今日は新しいコンテンツを公開しました!」
とメールマガジンで告知して、同時に会員制サイトにコンテンツが表示されるようにする事で、
「会員制サイトとメールマガジンが連動して1つのコミュニティとなっている」
という演出をする事ができるのです。

 

こういった仕掛けも入れていくと、次第に、
毎日、仕事や学校から帰ったら、会員サイトをチェックする習慣が付き、
自然とコミュニティに参加するようになっていくのです。

そして更に、会員制サイトを作る事には、
別の効果もあります。

ただコンテンツが送られるのと、
会員制サイトや会員限定メールマガジンがあり、
そこに入った人だけが世界観を共有しながらコンテンツを見れるのとでは、
意味が全く異なってきます。

それは、先ほど書いたように、
同じ商品でも、ブランド店で買った時だけに味わえる体験価値のようなものです。

お客さんは、コンテンツを受け取った事を喜ぶのではなく、
コミュニティに参加できた事を喜ぶのです。

コンテンツを渡すのも、「参加する価値」を上げる為の1つに過ぎないし、
全ては、「コミュニティに参加してもらう事」が重要なのです。

これまでをまとめましょう。

 毎日コンテンツを貰える楽しさを演出する
 メールマガジンと会員制サイトを連動させる
 新しいコンテンツが表示されていないかチェックする習慣を付けてもらう
 見逃したコンテンツ、メールマガジンも会員制サイトで後から見返す事ができる状態にする
 何度もチェックする事で、バックナンバー等を気軽に復習する事ができる状態を作る
 コミュニティに参加した事に価値を見いだしてもらう
 「コミュニティに参加した人だけがコンテンツを貰える」という優越感に浸ってもらう

こんな仕組みを作る事で、
コミュニティへの参加率を徹底的に上げていたのです。

そしてもう1つ、私は大きな気付きを得ました。
それは、コンテンツについてです。

それは、インターネットビジネスにおけるコンテンツに対する常識を、
根底から覆すような発想でした。

どういう事かと言いますと、

「コンテンツは、コミュニティを作ったら、
後から勝手に生まれて来るものである」

という事です。

コンテンツを沢山作って、セールスページを書いて、
お金を払ってくれた人にコンテンツを渡して終わり、
というビジネスはもう終わりです。

なぜなら、そこには、
購入者が参加する余地が一切残されていないから
なのです。

新田さんの仕組みを研究していて分かった事は、
まず、新田さんは最初にメンバーサイトを用意して、
そこで音声や動画のコンテンツを提供していました。

しかし、これだけなら、同じことをやっている人は他にも沢山います。

ここで新田さんが他の人と違ったのは、
最初に配った音声や動画に対して、
参加者の人達から積極的にフィードバックを貰っていたという事です。

つまり、分からなかった事を質問してもらったり、
「この部分をもっと詳しく知りたい」「他にこんな話が聞きたい」
といった要望をどんどん積極的に送らせていたのです。

そして、要望に応える形で、
コンテンツを次々とメンバーサイトに追加していったのです。

 

こうする事の良いか点は、メンバーの人達が、
「自分も一緒にコンテンツ作りに参加している気分」
を味わえるのです。

それにより、同じ理想の世界に向かって、一緒に歩んでいるような、
そんな一体感が生まれていたのです。

新田さんの仕組みのユニークな点は、
常に参加者の人達とコミュニケーションを取りながらコンテンツを作っている事です。

一方的にコンテンツを送っているだけの人とは違い、
常に、皆が気になっている事を即座に回答してくれるので、
非常に臨場感のあるコミュニティに仕上がっているのです。

そして、もう1つ面白いところは、
それを最終的に「自動化」させているところです。

通常、こういったコミュニティは、最初に参加した人には良くても、
後から参加した人は、メンバーサイトにいきなり大量のコンテンツが表示されていて、
消化不良になってしまう事が多いのです。

そこで、ステップメールという機能を使います。

ステップメールとは、登録してから1日目、2日目、といった感じで
どのメールがどのタイミングで配信されるかを全てスケジューリングするというものです。

 

この機能を使う事で、参加者の進度に合わせ、
無理なく消化できるペースで、順番にコンテンツが毎日届く仕組みを作っていたのです。

また、先ほど説明した通り、メンバーサイトにも、
いきなり全てのコンテンツが表示されない工夫を凝らしてあり、
参加者は毎日新しいコンテンツが表示される事が楽しみになります。

以上のように、新田さんは、
後から参加した人も、消化不良になる事なく、コンテンツを楽しむ事ができて、
追い着く事ができるような、絶妙なバランスの仕組みを作り上げていたのです。

そして、後から参加した人の為に、
定期的にコンテンツの修正、アップデートも繰り返していました。

そんな風にして、
「常に参加する価値を高める」
という事を一貫して行っていたのです。

私は、後から参加した人が先頭の人に追いつけないコミュニティは
健全なコミュニティではないと考えています。

コミュニティは、常に新しい人が入って来る事ができて、
既存のメンバーも一定数残ってくれるような、
「オープンさとクローズドさのバランスが取れている事」
が重要であると考えているからです。

新田さんは、上に書いたような仕組みを作る事により、
絶妙なバランスを取る事を可能にしているのです。

私は、このビジネスモデルを学んでから、
さっそく自分のビジネスにも取り入れてみました。

すると、驚いた事に、
今まで月100万円程度でずっと頭打ちだった収入が、
わずか数ヶ月で何倍にも跳ね上がってしまったのです。

この仕組みの最大の特徴は、
「自動で濃いリピーターを増やす事ができる」
という点にあります。

参加者は、毎日届くメールや、
メンバーサイトに新しく表示されるコンテンツを楽しみにして、
無理なく消化してもらい、成長を実感してもらって、
そしてまた新しい企画を打ち出した時にも買ってくれる・・・

このスパイラルが自然と出来上がるのです。

もちろん、これは参加者にとっても良い事です。
自分のペースでコンテンツを消化しながら、
実際に「参加している」という意識を持つ事で、
積極的に取り組む事ができるからです。

新田さんが何故、新しい商品を流せば、
毎回、短期間で数千人という数の人が買っていたのか?

それは、リピーターを増やす仕組み作りに
全精力を注いでいたからなのです。

また、面白い事に、
リピーターだけで1日に数百人とかが買うと、
新しい人の成約率も跳ね上がってしまうのです。

これを心理学用語で「バンドワゴン効果」と言うのですが、
人はまわりの人が参加しているものは、
自分も参加したいと思う性質があるのです。

つまり、盛り上がっているコミュニティにはどんどん人は集まり、
逆に過疎化しているコミュニティには新しい人は集まらないのです。

また、リピーターを一定数作ってしまえば、
セールスすらも不要になってしまいます。

コミュニティのメンバーに、
「お勧めですよ」
と紹介するだけで、まどろっこしいセールス文句なんて一切無しに買ってくれます。

説得をするのではなく、
ただ差し出すだけでよくなるのです。

つまり、この流れがいったんできてしまえば、
どんな企画でも必ずヒットさせる事ができる絶対無敵の状態
作り上げる事ができてしまうのです。

私はこのビジネスモデルを見て、

「システム化して、全てを自動で行うような仕組みができたら、
このビジネスモデルは更に強力なものになるのではないか?」

と考えました。

例えば、先ほど書いたメルマガとメンバーサイトの連動について、
新田さんはメンバーサイトにパスワードを設定して、
ステップメールで毎回そのパスワードを教えてコンテンツを配ったり、
バックナンバーも自分で毎回アップロードしないといけなかったり、
画像や音声をわざわざFTPソフトを使ってアップしないといけなかったり、
メンバーサイトに名前を挿入したりする事ができなかったり、
Paypalとの連動ができなかったり、コース分けができなかったり・・・

・・・という感じで、
自分にとってもお客さんにとっても、手間がかかる部分が多かったのです。

そこで私は、そういった面倒な作業を全て自動で行える簡単なシステムを作って、
メンバーサイトを強化していきました。

すると、新田さんは、

これは本当に凄いです。僕が「この部分面倒だな」と思っていたところが、
全てシステムによって解消されてしまっています。
このノウハウは、システムと組み合わせる事で更に強力なものになりますね。

と言ってくれました。

その後も、新田さんに、
「この部分を、一括でできてしまう仕組みはシステムで作れたりしますか?」
と何度か聞かれるようになり、その度に私は、
そのシステムを作り上げていきました。

気付いたら、新田さんの作っているコミュニティが、
完全にシステム化されて、自動で運営されるようになっていたのです。

私がずっと求めていた、コミュニティのロジックは、
新田さんに全て教えてもらう事ができました。

そして、私は、それを全てシステム化するという事を可能にしました。

また、私自身も、自分が作ったシステムを自分の仕組みに取り入れて、
ずっと伸び悩んでいた私の報酬が、何倍にも跳ね上がったのです。

そんなある日、新田さんに、

この仕組みを、誰でも簡単に作れるシステムを一緒に制作しませんか

と誘われたのです。

続けて、新田さんは、

このシステムは、山内さんがいないと、絶対に作れないです

と言い切ったのです。

どういう事か聞くと、新田さんはこんな事を言っていました。

プロのプログラマーが作るツールは使いづらい事が多いんですよ。
それは、プロのプログラマーって、初心者の気持ちが分からない事が多いから、
無駄に色んな機能とか付けちゃったりしてしまうんです。
しかも、彼らはマーケッターじゃないので、ビジネスに必要な機能は何かが分かっていません。
だから、プログラマーの作るツールとかって、役に立たないものだったり、
一見すると凄いツールだけど、非常に使い難かったり、
実は机上の空論でしかないものが多いんですよ。

新田さんは、マーケッターと、プロのプログラマーに、
大きな乖離がある事を説明してくれました。

また、マーケッターが「こういうツールが欲しい」と思っていても、
実際にそれを依頼して、完成品を見たら、
思っていたのとちょっと違う、という事が多いそうです。

そして、続けて言いました。

山内さんの凄いところは、色んな事が満遍なくできるところです。
プログラミングも、マーケティングも、デザインスキルも、
全て一定水準以上のスキルを持っていて、こんな人は他にいません。
僕がプログラマーに直接依頼しても、きっと良いシステムはできないでしょう。
なぜなら、僕はマーケッターであり、プログラマーではないので、
両者の乖離を埋める事は僕にはできないからです。
しかし、山内さんが間に入って、『翻訳者』として両者の架け橋になってくれたら、
きっと最高のシステムが完成すると思うんです。

私はずっと、自分は何でもできるけど、どれも中途半端で、
だから大きな事をしようなんて考えずに、それなりの収入を得て、
細々と生きていこうと思っていました。

しかし、新田さんのこの言葉を聞いた時、私は、

「業界最高のシステムを完成させよう」

と決意していたのです。

こうして、システムの開発チームを結成する事になりました。

まずは新田さん、そして私(山内)、
それから専属で契約しているプログラマーの方々です。

最初に、新田さんと私で、システムの設計図を作りました。
新田さんの考えるコミュニティの仕組みをいかにシステム化するか?
という事を徹底的に追究して、システムの全体像を完成させました。

続いて、それをプログラマーの方に依頼します。

通常、マーケッターが「こういうツールを作って欲しい」とプログラマーに頼むと、
想像していたものと全く違うものができる事が多いのです。

例えば、あなたが散髪に行って、
「こんな感じの髪型にして欲しい」
とイメージを伝えて切ってもらったのに、
「確かに言った通りになっているけど、なんだかイメージしてたのと違う・・・」
と思った事って無いでしょうか?

あれと同じで、プログラマーに依頼してできるものは、
大抵イメージしていたのと異なる事が多いのです。

しかし、私の場合、
マーケティングも、プログラミングも、
両方の知識があります。

なので、私は新田さんが作りたいとイメージしていたものを正確に汲み取って、
それをプログラマーの方に、プログラマーが使う言語に翻訳して、伝える事ができました。

そして、完成したものに対して、
「ここはもうちょっとこうした方がいい」
という案を、私と新田さんで毎日出し合って、
それをどんどんプログラマーの方にお願いして、
システムのバージョンアップを繰り返していきました。

第一線で活動しているマーケッターである新田さんが、
理想としているコミュニティを体現してくれる仕組み。

それを、私が翻訳者となって、プログラマーの人に伝え、
何度も修正を加えてできたものです。

こうして、1年以上の歳月と、
莫大な費用を投じて完成したのがCyfonsです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今だに「Mac でも使えますか?」なんて質問をしなければならない
ツールなんてありえないと思いませんか?

メールシステムもサイト構築システムも全て
インターネットブラウザ上で作業します。

あなたのパソコンが Windows でも Mac でも関係ないですし、
インターネットでアクセスできればいいので、
漫画喫茶でもどこでも作業可能です。

 

 

 

すぐに実践に移してほしいので、インストールも驚くほど簡単にできるようにしました。

会員サイトを構築したいサーバーにシステムファイル丸ごとアップロードし、
インストールURLにアクセスすればインストールを開始します。

下記動画でも約20秒でインストール完了です。
(20秒の動画、早送りなどしていません。音が出ますのでご注意ください)

 

※詳しいインストール方法についてはご購入後マニュアルをご参照ください

このシステムは、インターネットビジネスをする上で必要な環境が全て揃っています。

もしこんなシステムを、誰でも使える様にすれば、
今まで環境作りに悩まされてきた多くの人達にとって
助けになるのではないか?

私はずっとそう考えていました。
そして、そのシステムがついに完成したのです。

これを自分達だけで使うのはあまりに勿体無い。

そう思った私は、新田さんに、
このシステムを皆が使えるようにできないか、と提案しました。

新田さんは、
「確かに、環境構築で悩んでいる人が多いのは勿体無いですよね。
このシステムが広まる事で、質の高いコンテンツを提供してくれる人が増えれば、
もっと面白い世界になるかもしれませんね。」
と、快く承諾して下さいました。

しかし、ここで更に新田さんは続けました。

「ただ、折角多くの人に使ってもらえるのであれば、
使っている人の感想や要望などを取り入れながら、
どんどんバージョンアップして、使い易いシステムにしていきたいですね。」

なんと、新田さんの提案は、
このCyfonsを使ってくれている人達で1つのコミュニティを作ろう
というものだったのです。

確かに、
「参加してもらう仕組みを作ろう」
と言っている私達が、参加できない仕組みを作ってしまっては、
元も子もありません。

そんな経緯から、このCyfonsでは、
業界でも類を見ない「システム×ノウハウ」のコミュニティ
となったのです。

このコミュニティでは、Cyfonsというシステムを提供して、
更に、そのシステムを使ってどのようにビジネスを組み立てていくか?
というノウハウの部分も解説しています。

また、参加者からシステムに関する要望を貰って、
どんどんシステムを進化させていきます。

 

あなたは、その全てのシステムとノウハウを使って、
誰よりも整った環境で、自分のビジネスを作っていく事ができるのです。

毎日メールや動画、音声で、
ビジネスの講座をお届けします。

実際にCyfonsを利用してどのように収益化していくのかを、
日々Cyfonsの会員制サイトで学習しながら、実践していく事ができるのです。

具体的には、こういった話をしています。

  売れないジレンマと販売競争の歴史

  4Pや4C。そんな古いマーケティングの本は今すぐ捨てましょう

  「顧客ニーズを調べる」「ニーズを掘り起こせば売れる」ことのウソ

  これからのビジネスを支える7つのEとは?

  情報拡散の恐るべきパワー。これを徹底的に利用しましょう

  ユーザーが購入を決定する重要な4つの要素とは? これを知らずしてモノは売れません

  魅せ方・伝え方で全ては変わる。実例を用いて説明します

  隠れたホンネ(○○○○)を見つけろ! ここにネットビジネスのメリットが隠れています

  ○○ではなく、相手の○○○○ができるかどうか。これが適当に記事を書いても売れない理由です

  あなたはネットビジネス初心者ですか? 「初心者」をここで定義してしましょう

  何故結果が出る人と出ない人がいるのか? その原因を解説します

  私たちは○○○○の範囲内でしか行動できないのです。だからここを打ち砕きましょう

  ブランドのマクロ的要素とミクロ的要素。あなたはどちらが重要だと思いますか?

  ブランドがもたらす3つの重要な視点

  あなたが今実績があるかどうかは重要ではありません。必要なのは○○なのです

  ブランドとユーザーを結ぶ焦点、○○○○。これさえ決まればビジネスは成功します

  マニュアルの型どおりに・・それはサラリーマン的思考です。早くこの縛りから脱出しましょう

  ブランドを構築する手っ取り早い方法・・それは○○○○

  あなたは自分を「普通で平凡」だと思っていませんか? その思い込みをここで破壊します

  あなたの強みは○○○○の中にあります。さあ、ここで見つけてしまいましょう。

  セルフメディアとソーシャルメディア

  ソーシャルメディアを真に使いこなす戦略術

  セルフメディアで養える3つの力とは

  Twitter でフォロワー数増加だけを目指すのは間違い。その理由は?

  Twitter が持つ最大限の魅力、それは○○○○

  Twitter を利用したビジネス事例3種(○○タイプ、□□タイプ、△△タイプ)

  facebook で売り込みやプロモーションはNG。じゃあ何に利用するのか?

  facebook 個人アカウントとfacebookページは似て非なるもの。その違いは?

  facebook でニッチな顧客開拓を行った事例

  facebook のコミュニケーションパワーを利用したビジネス事例

  YouTube は使うメリットというより、使わない方がリスクであると知ろう

  YouTube を○○○○として使う方法

  YouTube でバイラルが起きたのはこの事例

  YouTube で子供が商品レビュー? こんなやり方をしているのもアリなのです

  ソーシャルメディア時代のあるべきコミュニケーションとは?

  「ネットで稼ぐ」という言葉の弊害

  稼ぎたい! ではそのお金はどこから生まれるのか? お金の源泉を知ろう

  改めて、ビジネスにおける「リスト」とは? 「リスト」を再定義しよう

  リストビジネスの成功例と失敗例

  旧来式のビジネス手法ではあなたが稼げない理由

  何故リストは「枯れる」のか? リストの使い捨てなんて集客コストがかさむだけです

  DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)よくある3つの失敗

  セールスとマーケティングの違いを理解しよう

  「売る」から「○○○○」へ

  よくあるイマイチなパターンからの解決法

  成果の出るステップメールの流れ

  多くのリストを集めるよりも、これからは「○○○」を目指すべき

  「○○○」ことで出来上がるコミュニティの活性化

  コミュニティの形成プロセス4段階

  顧客獲得と顧客維持、この両立でダブル○○○○構造を目指そう

  実例を用いてセールスファネルの解説をします

  セールスファネルの新しい仕組み、○○○ファネルとは?

  情報や新しい知識を得たとき、より効果的にビジネスに活かす方法とは?

  ノウハウコレクターであることは問題ではなく、○○○であることが問題なのです

  自分の企画を打ち出す際の「魅せ方」のポイントとは?

  ソーシャルゲームのターゲットを参考に、自分のビジネスのターゲットを考えよう

  プロモーションはモノを売る事ではない。じゃあ、何を提供するのか?

  「ゆるキャラ」に学ぶストーリー・テリングのあり方を解説します

  「てっとり早く、失敗なしに、100%確実な方法で」が危険な思考である理由

  あなたの「キャラ」を立てる方法

  超個性的なキャラクター性のメリット・デメリット(目立って変わっている必要はないんです)

  コミュニティの形3パターン。あなたが選ぶべきは○○○型コミュニティです

  「2ちゃんねる」に「2ちゃんねる用語」がある理由

  自分の講座を持つメリット。なぜスクール形式であるべきなのか?

  心理的に「解除できないメール」を構築する方法
  (決して「物理的に解除できないメール」ではありません。解除したくないと思わせるのです)

  講座を無料で提供すべき時と、有料で提供すべき時の違い

  「漫画家は漫画家になる前から漫画家」 これを自分のビジネスに当てはめてみよう

  「○○○ユーザー」がいる強みとは

 

また、これからビジネスを始めるという、初心者の方への補足講座マニュアルも追加しました。

 

 

 

もちろん、このノウハウも、
参加者はメールや動画を見ながら、
分からないところを要望フォームから送って頂ければ、
どんどんバージョンアップさせていきます。

つまり、インターネットビジネスを実践する環境(システム×ノウハウ)を、
参加者全員が一丸となって、どんどん整えていくのです。

既に、新田さんのノウハウは業界でも最先端のものですが、
「システム」という要素が加わり、更に進化したものを提供していきます。

価格、と聞いて、身構えてしまった場合は、
この商品は買わない方が良いかもしれません。

というのも、予め言っておきますと、
このシステムは、値段をあまりに安くする事はできないからです。

私たちは専属でプログラマーの方達と契約して、
莫大な資金を投じてこのシステムを作成しました。

また、メンバーサイトのテンプレートで綺麗なデザインを作るために、
プロのデザイナーの方を専属で雇っています。

その上、今後もシステムのバージョンアップを繰り返していくので、
相当なコストがかかると予想されています。

そして、私と新田さんは、
何度も話し合いをして、プログラマーの方とも連携を取りながら、
本当に長い時間をこのシステムの制作に費やしてきました。

それを考えると、これだけ機能が揃ったシステムであれば、
10万円で販売しても決して高くはないと考えています。

しかし、今回、私と新田さんが行いたいのは、
「業界最高峰のシステム×ノウハウのコミュニティを作る」
という事です。

その為には、このCyfonsを、
色んなジャンルの人に使って欲しいと思っています。

現に、今では、
医師の方、美容院を経営されている方、
ネットショップ運営者、ミュージシャンの方、投資家の方、
アフィリエイターの方、塾を主催されている方、
といった幅広い方が利用されています。

より多種多様なジャンルの人が利用してくれる事によって、
「こういった機能が欲しい」
という要望が沢山集まり、Cyfonsは更に進化していきます。

なので、ある程度の人数が集まるまでは、
Cyfonsは通常価格よりも安めで手に入れてもらおうという事で、
3万円で販売する事になりました。

この値段は高いと思われるかも知れませんし、
あるいは、安すぎると思われるかもしれません。

ただ、少なくとも私は、これほど高機能で、かつ使い易さを兼ね備えたシステムが、
この値段で手に入るのは他では有り得ない事だと考えています。

しかし、Cyfonsは今後もバージョンアップして、
機能を更に充実させていく予定です。

もしこのままこの値段のまま売り続けていると、赤字になってしまう事も考えられるので、
規定人数が集まれば、予告無く値上げする可能性があります。

その点だけご了承下さい。

 

販売形態:ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから案内PDFをダウンロードしてください。

今回、あなたにお渡しするのは Cyfonsシステムだけではありません。

Cyfonsシステムで自動的に濃いファンを作り上げることができますが、
その初めの1歩。

あなたのファンになる前の人にまず来てもらうためのメインサイト用に、
特別仕様の wordpress のテンプレート をお渡しします。

そこで、オープンに情報発信をすることで、ファン化への入り口を広げていきましょう。

目指したのは シンプル & スマート。

どのようなジャンルの内容でも違和感なく使え
必要な機能は盛り込んだうえで簡単に操作できるようにしました。

 

お伝えしたいことは沢山あるのですが、ギュッと凝縮して1分の動画にしましたのでどうぞ!

 

 

 

 レスポンシブ&ミニマル・フラットデザインを採用
 タイトルは文字 or ロゴ画像アップ、ロゴ画像はカット・配置が自由自在
 トップページのヘッダー画像も自由にアップ or 表示しないが選択可能
 トップページ、アーカイブページの記事前後の自由入力対応
 ログイン中は各記事上部に[編集]画面へのリンクを表示するなど管理者に使いやすい設計
 スマホ表示時は「LINEに送る」も自動表示
 オリジナルウィジットで「よく読まれる記事」「オススメ記事」などを表示可能
 フッターウィジットもフレキシブルに対応
 背景色・背景画像も自由に変更可能

・・・など、書ききれないほどの機能を盛り込みながらも、使いやすく簡単なシンプル設計。

殆どが「チェックを入れる」だけで実装できます。

 

 

もちろん、SEOも対策済み。

よくあるような軽さとか読み込み順などといった旧来式のSEOだけではありません。

Google、Microsoft、Yahoo! が協力して標準化を進めている構造化データ マークアップ(microdata)に対応。

これはコンテンツの内容をより正確に読み取り、検索結果に反映させるためのもので、
googleウェブマスターツールでも推奨されています。

 

【SINKA】は microdata に対応していますので、
より検索エンジンに最適化されたブログ運営を行うことができます。

 

    

 

実際に、Cyfonsを手に取って、コミュニティを運営されている方は
既に沢山います。

数日前まで全くの初心者だったのに、
Cyfonsを使ってコミュニティを構築して、
今では安定収入を得ているという報告も多数受けています。

「コミュニティ」というとたいそうなものに聞こえてしまうかもしれませんが、
実際は20人程度の人を集める事ができれば、
十分な利益を出す事ができるのです。

ここで、既にCyfonsを利用してコミュニティを運営されている方達の声を
紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、
Cyfonsシステムと一緒にお渡ししている wordpressテーマ SINKA にもコメントを頂きました。

 

このシステムは、よくある、
「設置さえすれば後はほったらかしで不労所得」
というシステムではありません

そもそも、そんなシステムがこの世に存在するわけがない事は
少し頭を使えば分かる筈なのに、
未だにそんなものに騙される人、騙す人がいる事にびっくりさせられます。

もちろん、このページを最後まで読んで下さっているあなたが、
そんなバカげた幻想を抱いていない事は百も承知です。

このシステムは、私と、新田さんと、
どちらが欠けても絶対に完成しないものでした。

それほど「使いやすさ」に特化して、
かつ、インターネットビジネスをする上で必要な機能を
全て兼ね備えているのです。

新田さんはよく、
「インターネットビジネスの世界を、
今の日本の教育機関に代わる新しい教育産業に変えたい」
という事を言っていました。

このCyfonsをより多くの人が活用して、
自分だけの独自のコミュニティを作って、
コミュニティのメンバーに「学び」を提供して、
皆で成長しながら、理想を実現する。

そんな人達が増えると日本は絶対に面白くなる。

そういった思いで、そしてその第一歩として
このCyfonsを発売する事になりました。

システム販売者の中には、
大した事無いシステムだったり、
機能だけ多くて利便性を一切考慮していないようなものを、
過度に煽って高額で販売して、ロクにフォローもしないような人達が沢山います。

私は、このシステムを販売する事で、
「システム」に関しての新しいスタンダードを作り、
誰でも簡単にビジネスを行う環境を整える事ができるようにしたい
と思っています。

インターネットビジネスを実践しようと思っているのに、
「メルマガの発行の仕方が分からないから・・・」
「メンバーサイトがうまく作れない・・・」
そんな理由で、足踏みをしてしまうなんて勿体無い事です。

環境なんてものは、システムを使ってさっさと構築してしまって、
自分はお客さんとしっかり向き合って、
理想の実現の為に共に進んでいくべきなのです。

もし、Cyfonsがその一助になれば、
私たちも嬉しく思います。

既に参加して下さっているメンバーの方達と一緒に、
あなたの「参加」をお待ちしています。

それでは、最後までお読み頂き有り難う御座いました。

 

販売形態:ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから案内PDFをダウンロードしてください。

あなたの情報発信をするためのサイトを作って頂くため、独自ドメインとレンタルサーバーをご用意頂きたいと思います。
なお、初めての方でも大丈夫なように、ドメインの取得方法やレンタルサーバーの借り方についても説明しますのでご安心ください。

Cyfons システムは1度ご購入頂ければ、継続して利用頂けます。
月額費用は発生致しません。

今回はみなさんのサーバーに設置頂くシステムですのでメルマガの到達率はあなたのメルマガ運用スタイルに影響を受けます。
例えば「数行の本文+URL」といったメールの場合、yahoo!メールや Gmail では高確率で迷惑メールになります。
(そのため、テストメール等、短い文章で配信を行う場合はご注意ください)
他にも「無料+稼ぐ+α」等のキーワードがある場合もスパムワードとして迷惑メールフィルターにかかる場合が多いです。
また各レンタルサーバーには配信制限が設けられており、これを超えて配信しようとするとサーバーの方で強制的に止められてしまいます。
Cyfons システムをどう運用するかで到達率は100%にもなりますし、全く届かない事にもなります。
なお、管理画面でメール配信スピードを調整できるようにしていますのでお使いのサーバーの制限に合わせて設定されて運用ください。

マニュアルではエックスサーバーを用いて解説しますので、特に初心者の方は同じものをご利用された方が分かりやすいかと思います。メンバー様の中には「さくらレンタルサーバー」「KAGOYA」等をお使いの方もおられます。

※Cyfonsシステム設置サーバー要件
・PHP5.6が利用できること ・ユーザー権限でPHPが実行されること ・unzipコマンドが使えること
・PHPが非セーフモードで動作すること ・Sendmailが使えること ・MySQL5が使えること

なお、ロリポップ系・コアサーバー等格安を売りにしているサーバー、またはクラウド・VSPサーバー等は何かと個別の設定が必要な場合がございますのでお勧め致しません。(ご自身で解決できる方はこの限りではございません)

また、wpXのようにWordpress専用サーバーとなっているサーバー等はご利用頂けませんのでご注意ください。

サイト作成ツールも、メール配信システムも、全てブラウザ上で使うためwindows でも mac でもお使い頂けます。ブラウザも特に指定はありませんが、パソコン含め古い環境の場合、マニアックなインターネットブラウザの場合はエラーが起こる可能性もありますのでご了承ください。

どのようなビジネスにおいても、集客した顧客に対してサービスを提供したり物を販売したりすることで利益を上げます。
なぜ自動車販売の店舗がカフェ風にして人を呼び集めるのか?
なぜ銀行ですらロビーで名産市場を開いたりしているのか?
全ては人を集める仕組みを作るためです。もはやコミュニティという考えなしに、ビジネスは成り立たなくなっているのです。

早くやらなければと焦ることに何のメリットもありません。逆に、じっくりと腰を落ち着けて取り組んでほしいと思います。あなたのペースで進めて頂いて大丈夫です。

今回の講座の内容に関するご質問は遠慮なくして頂いて結構です。あなたの疑問は他の方にも役立つものであるはずですから、取りまとめたうえでメンバーサイト内のQAページ、もしくはメールにて全員の方にご案内します。
なお、非常に個人的な内容、例えば個人のブログの記事チェック等のご依頼はご遠慮下さい。

ツールで「1回のご購入で設置は1つまで!」という制限が多いのはどうしても不正使用をされる方がおられるためです。ただ、そのような一部の不正使用者のために、本来正しくビジネスを進める方が不便になるのは本末転倒・・
そう思い、今回ツールを利用して、複数のコミュニティサイトやメールを準備頂いても構わない事に致しました。ご自身が自分自身のコミュニティ形成のために利用されるという条件の範囲内では大丈夫です。
ただし、譲渡・提供・委譲など、自分以外の第三者が利用するあらゆる状況は全て禁止とさせて頂いております。ご了承下さい。

ご購入後、理由の如何によらず返金やキャンセルは対応しておりません。また、利益やリピータ人数の増加などについての保証、システム利用による直接的・間接的影響による損害等についての保証等は一切ございません。
上記のとおり、原則として返金には応じておりませんが、Cyfonsの推奨環境を利用され、かつ弊社でトラブル原因を調査しても原因が判明せず、動作が不可能な場合に限り購入代金を返金させて頂きます。もし何らかのトラブルが発生した場合には、メンバーページの問い合わせフォームより詳しい状況をご連絡下さい。

「ツールが稼ぐ」のではなく「ツールを利用して稼ぐ」ものです。Cyfonsシステムはファン化の仕組みとして必要なメール配信システムと会員サイト構築システムの両方の機能を備えていますが、ビジネスで利益を上げるには、システムを利用する本人の努力が必要不可欠です。
Cyfonsシステムは、あくまであなたがメール配信をしたり、メンバーサイトを構築するためのサポートツールです。システムが勝手に稼ぐと勘違いされている方、ご自身では努力したくない・実践したくないという方は購入をお控えください。

 

販売形態:ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから案内PDFをダウンロードしてください。